2010年05月31日

「映画館の窓辺から」1 /奥主榮




この朗読とトークのファイルを頂いた。


奥主さんの意図は、彼が朗読させて貰いたい相手に自分がどんなことをやらせてもらいたいのか知ってもらうためのサンプルということだと思う。

このそれほど小さくはないデータ―を、相談を持ちかけようという詩人の方に送るのは大変かもしれない。奥主さんにはこれをここに置いてもらって、詩人の方には来て聞いてもらえばと話してみたのだ。


さて、奥主さんのこのトークは、いかにもサンプルとは言えなるほどとはサンプルらしくないような気がするサンプルだ。聞いた方はこれでなるほどこんな風に奥主さんが自分の朗読トークをやるのだろうと解るんだろうか?ところが、それでいて奥主さんのやるトークというのはこういうもんなんだろうという印象も僕には強い。やはりいいサンプルなんだろう。

それより何より、1回目のラジオトークを聞いてみて、奥主さん、サンプルと本当の放送は随分違いますねえと、本番を換えるわけにはいかないですから、サンプルをもう一度作るしかないでしょうと言い寄れば、結構な音声サンプルライブラリーが集まるのじゃないかと老後の楽しみだ。ラジオトークシリーズの名前は何にしようか?「映画館の窓辺から」とかにしようか。さてその窓から誰が最初に顔のぞかせるんだろう?


奥主榮さんの作品は、http://po-m.com/forum/myframe.php?hid=29 で見られるし、「日本はいま戦争をしている」(土曜美術社出版販売)という本は書店でも求められる。


rkirsch         
タグ:奥主榮
posted by rudolfkirsch at 15:25| 北京 | Comment(1) | TrackBack(0) | Poetry Garden Radio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

m.qyi ポエジー回想1

挨拶
はいくろうさごろうくさんぎの残暑かな (現ふぉ 05/08/25)


僕のやり方として、題を置く。題と詩が対立関係にあって、詩の中にもう一つのコントラストがあるという構成を作ろうとしている。
ただ、これはのべーっといってコントラストがないか錯綜するようになっている。
俳句が定形というのは語呂の問題だと思うが、語呂というのは意味がないから語路でそこに意味を転がせるってことだろう。
意味深長もいいけれど、そんな感じがでるというのもなんか大切じゃないか。

は〜い、クロウサ(ギ)御労苦参議の(で)ござんしょ、かな、

それで、かなってのは?

惚れた桃尻白兎さの下の名前がカナってんだ。




いま思いついた想いつきだけれど。かってに話がついてくるのがおもしろいなあ。



posted by rudolfkirsch at 08:58| 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | Articles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

方丈記

方丈記

 

昨夜、方丈記というのを読み、なかなか感慨深いものがあった。僕は情緒的に奥の深いものが嫌いで、理知的なでっかいパイプオルガンみたいなものが好きなだけにこれは趣味ではないとう先入観があってなんとなくとっかかれなかった。

それからちょっと前に、折口が隠者は女房の代替えというような話を読み、なるほどなあと思ったけれども筆の運びとしては美しいとは思えなかった。これは僕の趣味が半分、無知が半分の無見識なので、ただ好きじゃなかったということだ。ただ、内容については頷かされて、兼好などはそんな感じがするなあと思う。ちんぴらを人の理想とする僕としては兼好はスマートな人で話も僕に言わせれば軽薄だ。これも、これは僕の悪趣味と無知が故のことだ。そんなちんぴらの僕だからとっかかれなかったということもある。


方丈記を実際に読んでみると筆の運びに力があり読まされてしまう。一気呵成にと神田(秀夫)の解説にあるが、もしそうだとすれば書く前の思念には強いものがある。構成としてはきちんとしている。戦争に触れないというところ、これは考慮に値する。書名からして住まいにこだわるところは上記の僕の先入観もあながち事実の一つの側面を見ていることになるかもしれない。大福光寺本という古本が長明直筆だろうと神田が言うが、考証する力を持たない僕が言うことは何もないが、その筆致を見るとなるほど唸らされるものがある。僕はそういう学者が持っている情熱というものが大好きである。理知的な構築も世紀の大発見も大切であろうけれど、音を鳴らす千本のパイプのオルガンのブーブーは神様だと思うのだ。そういう楽器を弾く人がいる。

さて、そういうちんぴらのぶった話は耳が腐るので、分相応に話せば、読んでいたとき、ある下りに思い当りがあった。その思い当りというのは、


鴨よ:芸はこれつたなけれども人のみみ転ばしめむや鴨の水掻き


とかというのだ。転ぶというのがおもしろいなとは思ったけれど何てこたあねえだろう。石原大介という人だが、高卒か高校中退のお兄ちゃんだった。こういう不遜な言い方をする奴を世間は憎むだろう。僕は、別にそれでいい。このようにこの兄さんに不遜な態度の僕だが、じつは、このパクリ、パくった場所がいい。有名な書き出しでもなく、騒がしい天災でもなく、転調してぐっと情感が溢れてくる方丈の終わり、琵琶の秘曲、流泉が水の音に操られるという箇所で、おいおい、パンクがキミのなんのさって箇所だ。昨日の晩になって馬鹿にして読んだものに馬鹿にされて感動している僕の方がどれだけ何てこたあねえだろう。人間生まれたからには100円ライタ―のおあ兄ちゃんでありたいと思う。


昨晩読書中ふと思い出したこの人はもう逝ってしまった。


一人だけ切符の買えぬアホがいてカスタネットで病にロック


何てこたあねえけれど、これを見たときにはずいぶん泣いた。別に先立たれたれたからというわけじゃない。このくだらない文言には今でも泣ける。僕をスズメと同じにしてくれるな。会ったこともない。100円ライタ―がきらりと光る。


 


posted by rudolfkirsch at 21:09| 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | Articles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。